FILE01「エロイーズ」

 1.png 2.png3.png10.png

【タイトル】
エロイーズ
エロイーズ、パリへいく
エロイーズのクリスマス
エロイーズ、モスクワへいく
 

【文】

ケイ トンプソン 

アメリカ生まれ。

16歳でピアニストとしてデビュー。歌手、ダイビングのインストラクター、

作曲家、振付師、演出家など多彩な職歴を持つ。

1956年にはオードリヘップバーンなどと「ファニーフェイス」で

映画の女優として出演した。

シリーズ4巻 5巻目は完成することなく静かにペンが置かれました。

 

【絵】

ヒラリー ナイト

アメリカ生まれ。

童話作家、挿し絵画家。

 

【あらすじ】

1950~60年代、ニューヨーク。今とは違って、まだ格式が重んじられ

上流階級には上流階級の作法があった頃、その上流社会の象徴、庶民のあこがれの

プラザホテルの最上階にひとりのやんちゃな女の子が住んでいた

エロイーズは6歳 最高級のスイートルームに、イギリス人のばあやと住んでいる

ママは超大金持ちで、社交界のスターでも世界を飛び回っていて、ほとんど会えない

勉強は家庭教師と、遊びはホテル内の探検 ホテルの荘重な雰囲気、

いんぎんな支配人 割腹のいいボーイ、豪華な調度品、洗練されたお客さん、

VIPのパーティーなんて エロイーズにかかるとみんなおもちゃになってしまう

大人の世界にまぎれこんだ小粋な子悪魔はおしゃまな口を利き、自由奔放に振る舞う

かわいくて、ちょっとまぬけな幼児体型だけれどもう一人前の都会の女性なのだ

半世紀にわたってアメリカの少女たちそして若い女性たちを魅了してきたエロイーズ

なつかしい50年代のファッションやスタイルも、目に楽しいクラシカルなタッチと、

動画的な誇張のバランスが絶妙なペン画がスタイリッシュでおしゃれだ

孤独とひきかえの自由を華やかな舞台の上で思いっきり生きるを謳歌する女の子 エロイーズ。

 

【僕から】

スタイリッシュな絵本です。

僕は数年前、素敵な女の子のお話を書こうとしたのだけど

どうもうまくいかなかった。でも そしたらね ここにいたんだ。

素敵な女の子。エロイーズ。

僕はもう恋に落ちてしまいそうです。

60年前から飛び出してきてもちっとも色あせてない女の子。エロイーズ。 

それは。君がホントは寂しがり屋の恥ずかしがり屋で。。そして

てってー的にチャーミングな女の子だから。だネ。

 

 

 

 

¥13,000

130

スマイルを投稿する

スマイルギャラリーコンセプト
子どもたちの笑顔が
クリップボードにひとつ投稿掲載される毎に
スマイルギャラリー活動協賛企業が
子どもたちのための活動を行っている団体へ
100円を寄付させていただきます。

僕たちは花を見ながらこの地球を子どもたちの笑顔でいっぱいにするそんな夢を真剣に考えています。

ひまわり絵本ギャラリー

ページトップへ戻る

Copyright (C) 2010 Smile Gallery. All Rights Reserved.